魅せる体のつくり方[胸筋編]

胸筋を鍛える最も基本的で誰でもできる方法が、ブッシュアップ(腕立て伏せ)になります。
ただ、基本姿勢を守って行わなければ疲れるだけで効果が今ひとつということになりかねません。 手の位置、姿勢などには気を配って腕立て伏せを行うようにしてください。 回数よりも、トレーニング効果を最大にすることを重視しましょう。

 

まず、手を置く位置は肩のラインが基本、スタンスは広めにとるほうがいいでしょう。
そして、背中から足まで一直線になるよう、体が反るような姿勢もいけませんし腕を伸ばした時にお尻が突き出るような姿勢もよくありません。さらに
、顎が床につくかつかないかくらいのところまでゆっくり腕を曲げ、もう一度ゆっくり戻していきます。

 

腕立て伏せコンテストのようなものでは、高速腕立て伏せで回数を競うことがありますがトレーニングではそんな必要はありません。 ゆっくり姿勢を守りながら行う方が、高速に回数をこなすよりも効率よく鍛えることができますよ。

 

女性の場合、膝立てでの腕立て伏せで胸筋を鍛えていく方法もあります。
特に筋力に自信のない方、ダイエットと並行して胸筋をつけようと思っている方はこちらのほうがいいでしょう。

 

負担が少なく、二の腕の引き締めにも効果を示すトレーニングになります。 この場合も、肩幅より広めに手を置き、背中はまっすぐというのが基本です。 通常の腕立て伏せと同じく、腕の曲げ伸ばしはゆっくり、ちゃんと腕や胸筋に力がかかっていることを感じながら行いましょう。

 

▼売上ランキング上位商品はこちら▼

ファイティングロードYahoo店
⇒送料無料キャンペーン実施中!